« ようやくwin-win関係? | トップページ | 時間をバリバリ食う、アフィリエイトの仕事 »

2005年10月 9日 (日)

平日開催が意味するアフィリエイトの変化

link02 ●仕事として捉えられるようになったアフィリエイト
つい半年から一年前までは、アフィリエイトを仕事として捉えられていたのは一部法人アフィリエイトだけで、多くの個人アフィリエイトはあくまで仕事や家庭に差し支えない範囲でやれる、ちょっとしたお小遣い稼ぎでした。
でも、最近、周囲が「え、この間始めたあなたが、もう月額その金額?」
という例が増えてきました。
着実に個人アフィリの腕が上がってきています。

だからでしょうか。今回の見本市は平日。
前回、誰かが「休日に見本市をやるというところが、しょせんアフィリは副業の位置づけと言うことを示している」と言っていましたが、今回は平日です。
そして平日にも関わらず、本業を休んだりして、やってくるひとたちで会場はあふれていました。

※写真をクリックすると、拡大写真がごらんいただけます。このブログには一切アフィリエイトリンクはありません。
※写真は和田さんの背中。wada-blogをプリントしたこのTシャツは秀逸でした。もっとアフィリエイトも強くアピールせねば!

|

« ようやくwin-win関係? | トップページ | 時間をバリバリ食う、アフィリエイトの仕事 »

001 アフィリエイト」カテゴリの記事

コメント

おお・・・ありがとうございます。
なんかこの角度、いいですね。

実は今回の24時間ブログのことも念頭にあったので、
珍しくアピールしちゃったというのがあります。

> もっとアフィリエイトも強くアピールせねば!

こっち、いたく同感です。
アフィリエイトも、自分とこの媒体資料を作って、ECサイトに配布するくらいになっていいと思います。アフィリエイトから見てECサイトはよくわかるけど、数千のアフィリエイトと提携しているECサイトからは、なかなかアフィリエイトの姿って見えてこないですから。

投稿: わだ | 2005年10月10日 (月) 午前 03時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123016/6321444

この記事へのトラックバック一覧です: 平日開催が意味するアフィリエイトの変化:

« ようやくwin-win関係? | トップページ | 時間をバリバリ食う、アフィリエイトの仕事 »