« 比較.comマザーズ上場に思う、「いまからやっても遅すぎる」!? | トップページ | いま一番気になるアフィリエイト情報商材 »

2006年3月 1日 (水)

「比較.com」上場から読む、アフィリエイトで稼ぐコツ

典型的なアフィリエイト、価格比較サイトの「比較.com」が3月15日に上場するということで、「株式新聞」で、 「比較.com」についていろいろ情報が出てきています。以下、段落を囲みは「株式新聞」からの引用です。

まず、同サイトによれば

・収益のほぼ100%が広告収入、1月の月間ページビューは470万(前年同月比65%増)、 月間ユニークユーザーは90万IPアドレス(同56%増)
・広告収入のうち、8割以上がアフィリエイト(成功報酬型)によるもの。

●いまはまだ「金融はおいしい」?

アフィリエイトから見て、特に気になる数字は、

金融の証券会社比較カテゴリーが12月中間期ベースの売上高で24.3%

を占めて、 トップであること。競争はめちゃ厳しいけど、やっぱり「金融はおいしい」ようですね。

●稼げる分野は拡大中

ただ、比較カテゴリー数を増やしていて、その増加に伴って業績を伸ばしているということで、やはりこれからは稼げる分野の広がりを上手に追ったものが勝ちなんではないでしょうか。

●特別提携が売上桁違いアップに不可欠

長年、ASPはアフィリエイトとマーチャントの直接接触を嫌っていましたが、先日書いたようにアクセストレードがEC展示会を開くなど、このあたりは変わってきました。一般のアフィリエイトからすると、 「なぜ直接マーチャントと会わせないのか?」不思議かもしれませんが、実際、ASPにとっては中抜きが怖い。

「比較.com」も

設立1年目は運用代行会社に完全委託していたが、 2年目からは自社営業も開始。直接取引の比率を上昇させ、利益率を高めている。

「運用代行会社」なんて書かれると、「なんのこと?」と思いますが、これはASPを指しているのでしょう。

中抜きはASPを敵に回すので、やはり相応の覚悟と力がないとできませんが、マーチャントからそれくらい気に入られて、特別条件で提携することは、スーパーアフィリエイトになるための条件…というか、特別条件での提携ができるクラスになると、そこで収入が段違いに増えていく構造になっています。

アフィリエイト収入が月1000円の人にとっては、月数十万円は夢の世界でしょうが、月十万円を越えると、その後は特別条件提携の増加によって、急上昇していくものなんですよね。

|

« 比較.comマザーズ上場に思う、「いまからやっても遅すぎる」!? | トップページ | いま一番気になるアフィリエイト情報商材 »

001 アフィリエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比較.comマザーズ上場に思う、「いまからやっても遅すぎる」!? | トップページ | いま一番気になるアフィリエイト情報商材 »