« 2006年11月18日 | トップページ | 2006年12月11日 »

2006年11月28日 (火)

腕試しは飛躍の鍵!「アフィリエイトパーク」がサイトコンテスト開催!

先日も紹介した、新しいですが心意気がいいASP「アフィリエイトパーク 」がサイトコンテストを開催しています。

 

募集期間は2007年1月15日(月) まで。
この冬休みにチャレンジしてみませんか?

これまで多くのトップアフィリエイターを取材してきましたが、個人アフィリエイターの中には、ASPによるコンテストが飛躍の鍵になった方たちが多くいます。

 

アフィリエイトは締め切りもノルマもないため、ついつい、だらだらやりがち。しかしコンテストになると、締め切りもあれば、テーマなども限定されるため、自分を追い込むことができます。

●マーチャントは4社
 このコンテストでは、マーチャントごとに1部門、4社による4部門があります。

◆トップツアーBON VOYAGE!
トップツアーとは昔の「東急観光」。JR(新幹線)を利用したツアーを主力としているツアー会社です。
賞品はトップツアー旅行券「50,000円」!
紹介する商品は海外ツアーでも国内ツアーでもOK!

◆ABC net マート
スポーツシューズも多く扱う靴専門店。
賞品は人気ブランドのスポーツシューズ、VANS OLD SKOOL(BLACK/BLACK 27.5cm)と、HAWKINS GT8749W(BIANCO/FRESCO 24.0cm)。

 

◆激安!家電のタンタンショップ
ショッピングモールで家電製品を安値順で検索していてもしばしば登場するショップ。
賞品は日立の「DVDプレーヤー FDV-5700」。

◆Minato health food.com
 自社農園で栽培した桑の葉の青汁を中心としたサプリメントのメーカーです。  賞品はミナト製薬オリジナル詰め合わせ(3万円相当)!

 

応募条件はアフィリエイトパークに登録していること。
まだ登録していない方は
 ▼・▼・▼
アフィリエイトパーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽くなり始めたバリューコマース

 先日、
バリューコマース
による、新管理画面の説明会に行きました。

 「アフィリエイトこっそり報告blog(ブログ)」()や「WADA-blog」でも既にいろいろ報告されていますが、わたしもわたしなりに、説明会でお聞きしたことをお伝えしたいと思います。
 
 ※ちなみに「WADA-blog」の「せっかくの機会なので、座らせてもらった。一番右が自分だ。」というキャプションのついた写真の一番左がわたしです。
 
 
 ●「軽さ」を最優先
 バリューコマース
は最古のASPでありながら、最近、人気が落ちていました。
 その原因としてよく聞く不満は先に紹介した「広告掲載スペース作成方式」のほかに、「重い! 遅い!」がありました。
 
 このことはバリューコマース
自身も知っていました。
 今回の説明会で説明してくださったバリューコマース
の方によれば、今年の管理画面刷新の最優先課題は「軽さ」。
 
 実際、この秋からバリューコマース
は徐々にシステムが変わり、軽くなってきています。
 
 
 ●レポート取得期間を限定
 軽さを実現するために、9月22日には注文リストのシステムが変わりました。
 これまで永遠に過去まで、そうわたしの場合なら2001年の頃のリストまで見られたのが、「当月を含む過去25ヶ月間のデータの中から、最大6ヶ月分まで」に限定されました。
 
 昔からやっていたものとしては大昔のデータが見られなくなったことは残念ですが、レポートとしては25ヶ月なら現実的です。
 
バリューコマースにアフィリエイト登録するなら

▼・▼・▼

バリューコマース

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えかたを変えれば、使い勝手のいいバリューコマース

 バリューコマースは現存するASPの中で最も古くからあるASPです。
 それだけにアフィリエイトに関する考え方が少し他とちがいます。
 
●アフィリエイターは「商品紹介者」? 「広告掲載媒体」?

 わたしは最近はアフィリエイターを「商品紹介者」と位置づけていますが、実際、2002~2003年、物販アフィリエイトが盛んになってきてから、この傾向が強くなってきたと思っています。
 
 しかし、その前のアフィリエイトマーケティングは「成果報酬型広告」であり、アフィリエイターは「広告掲載媒体」でした。
 まず人を集め、トップページなどの広告スペースで稼ぐ…これが初期のインターネットの稼ぎ方で、その典型がポータルサイトという考え方です。
 最初は広告を掲載するだけで稼げましたが、やがて一部トップ媒体を除いては、クリック1件につきいくら…というクリック報酬になり、そしてバリューコマースが提案したスタイルが、成果が上がったらいくらという成果報酬型広告でした。
 
 バリューコマースにおいては、アフィリエイターは媒体であり、成果報酬は一スタイルに過ぎず、クリック報酬も、掲載報酬も取り扱っていました。
 
 
●バリューコマース独自のスタイルは、広告掲載スペース管理に便利
 
 たとえば楽天アフィリエイトなど、掲載したい商品を選んで、その広告ソースを取得して、サイトに貼り付ける…といったスタイルからアフィリエイトを覚えたひとは、バリューコマースに入ると、とまどいます。
 
 バリューコマースの場合には、まず広告を掲載するスペースを決めて、そのスペースにどの広告を掲載するかを決めるやりかただからです。
 
 前者のスタイルのアフィリエイトに慣れたひとにとっては、バリューコマースは使いにくいとしか思えないでしょうが、「広告媒体」にとっては、ひとつの掲載スペースに複数の広告を割り当てることもできれば、掲載スペースごとにクリック率などのレポートを見ることもできるので便利です。

 
●詳細レポートとのコンビネーションが魅力
 
 バリューコマースはリンクシェアに次いで詳細なレポートが見られるASPです。

 トップクラスのアフィリエイターは、詳細なレポートを見ながら、インターネットマーケティングならではの、「試行→レポートチェック→最適化」を繰り返して、サイトをより稼げるサイトに磨き上げています。
 
 「商品紹介者」であっても、ミニサイトをたくさん作って、同じ商品やマーチャントの広告を複数のミニサイトに掲載する場合には、サイトごとに広告スペースを分ければ、別々にレポートを見られて便利です。
 
バリューコマースへのアフィリエイター登録は▼・▼・▼
バリューコマース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月18日 | トップページ | 2006年12月11日 »