« 「MONO-PORTAL」のリニューアル企画「この商品をレビューしたい」第二弾 締め切りまで後2週間弱! わたしは第一弾当選! | トップページ | A8でEC向けセミナー講師を務めます。 »

2008年6月30日 (月)

リゾートレストラン「Casita(カシータ)」高橋 滋氏の熱い話に、柄にもなく、目頭、熱くしました

■「愛と感動のレストラン」カシータの高橋滋氏の特別基調講演

20080615gu0026月15日(日)、「ぐるなびシェフ BEST OF MENU 2008決勝戦」に行き、そこで「愛と感動のレストラン」カシータの高橋滋氏の特別基調講演を聞きました。

実は会場で、初めて基調講演のことを知りました。この日、用があって、この基調講演前に帰るというサハラさんが、パンフレットの基調講演を見て「いつも、多くの知り合いから、高橋滋氏の公演はぜひ聞けと言われているのに、いつもタイミングが悪くて聞けないの。森田さんたち、ぜひ、聞いたほうがいいわよ」とすすめられて、講演を聴きに行きました。

パンフレットによれば、講演タイトルは「思いは伝わる」。二枚目の、少しいやみなくらい「いい男」の写真が掲載されていました。

■最初はちょっと引いていました

講演会の会場の入り口で渡されたチラシのタイトルは
『ハードじゃないよ、ハートだよ』お金をかけずに会社を変える!」
その紙は彼の著書の紹介もあり、お問合せ先として「Casitaサービスコンサルティング部門」とあったので、思わず出版物ではなく、情報商材かと思いました。ちなみに帰宅後調べたら、出版物でしたが…。
このチラシは明らかに高橋滋氏の側で用意したものだということがわかりました。
そして、「”奇跡のレストラン”Casitaのオーナー 高橋滋による講演会」
「奇跡のレストラン」???
さらに「数々の講演会では常に満員御礼、涙を流す参加者も絶えません」
これだけ読むと、思わず引きません? 
ええ、そりゃ、コンサルティング業などしていれば、宣伝が必要なことはわかりますが、この文章と、あまりに「いい男」の写真に、わたしは思わず引いていました。
サハラさんのおすすめがなければ、「一、抜けた」と会場から、出て行っていたかもしれません。

■「飲食業」ではなく、「サービス業」としてのレストランづくり

彼の話の中で序盤、印象的だったのが、この言葉でした。
おいしさは、気分で変わる部分が非常に大きいもの。「味だけで勝負」という、変な気合が入った店は、いまいち、わたしは好きになれません。
ですから、「サービス業としてのレストラン」意識を強く持ったレストラン経営者にすっと興味を惹かれて、話を聞き始めました。

■高橋滋氏の思い、それが何より聞くべきところ

実際に高橋滋氏を聞いて、実を言えば、ちょっとうるっとしました。
わたしにアンドロイドとあだ名をつけた新入社員時代の上司が見たら、驚くでしょうが、いじめても泣かない女の子だった小学校時代の友達が見たら驚くでしょうが…不覚にも、涙がジワリ。
それは彼が本気で感動しているから。

アマゾンの彼の著書「I am a man.―チームワークと顧客第一主義がポイント!奇跡のレストラン「カシータ」の作り方」のレビューを見ると、彼の話の内容は、たぶん本でわかると思います。
そして、レビューによれば、その思いを受け取れるひとと受け取れないひとで、評価は大幅に変わるようです。
確かに話を思い返すと、いいホテルで受けたサービス、いやだったホテルやレストランの話のオンパレード。
「鼻持ちならないワガママな客」の贅沢ぶりの自慢話だと取ることができないわけではありません。
でもあるレビューに書かれていたように、そういう読み方をすべき本ではないし、彼の講演に「今日からすぐ使えるテクニックやシステム」を求めるべきでもありません。
彼の話から受け取るべきは、その心意気、そして感動できる感性。
講演を聴き終わって、職種に関係なく、もう一度初心に戻って、初任給、最初のフィーをいただいたときの感動を思い出して、ひとつひとつの仕事を丁寧にやろうと思いました。

ただ、次回、質問できる機会があったら、「モンスター客、クレイマー客にはどうしているんですか?」と聞いてみたいです。

I am a man.―チームワークと顧客第一主義がポイント!奇跡のレストラン「カシータ」の作り方
高橋 滋
オータパブリケイションズ
2003-09
定価 ¥ 1,680
おすすめ平均:
いいです!!
素直な感想を書かせていただきます。
高橋サンの度量
powerd by Amazon360

|

« 「MONO-PORTAL」のリニューアル企画「この商品をレビューしたい」第二弾 締め切りまで後2週間弱! わたしは第一弾当選! | トップページ | A8でEC向けセミナー講師を務めます。 »

103 セミナー」カテゴリの記事

ネットショップ向け・広告主向け」カテゴリの記事

コメント

おはようございます、サハラです。
高橋さんの講演、良かったみたいですね♪
私は今回も聴くことができず残念でしたが、
それもまたなにかの縁かな~、と思わねば残念すぎます(笑)。

> わたしにアンドロイドとあだ名をつけた新入社員時代の上司が見たら、

また新しい森田さんの一面を垣間見せていただき、ちょっと「クスッ」。
文中リンク、ありがとうございました。

投稿: サハラ | 2008年6月30日 (月) 午前 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123016/41564847

この記事へのトラックバック一覧です: リゾートレストラン「Casita(カシータ)」高橋 滋氏の熱い話に、柄にもなく、目頭、熱くしました:

« 「MONO-PORTAL」のリニューアル企画「この商品をレビューしたい」第二弾 締め切りまで後2週間弱! わたしは第一弾当選! | トップページ | A8でEC向けセミナー講師を務めます。 »